2006年08月28日

じゃがいもの催光実験

1.背景
古くからの習慣としてじゃがいもは冷暗所に保存後、植え付け直前に太陽に当て目だししてから、
半分に切って、灰をつけて植えると言われている。これは本当であろうか。

2.目的
催光ある場合と無しの場合を比較する。

3.方法
冷暗所に保存後、A群はそのままいきなり植え付け、B群は太陽にあてて催光してから植える。

方法 保存 催光 切断
A群 冷暗所 なし 2分割 あり
B群 冷暗所 あり 2分割 あり


4.結果
お楽しみに!


5.経過
冷暗所に保存していた種芋(11個)です。

20060827_011.JPG

A群(6個)です。
20060827_012.JPG

A群(6個)です。炭をつけました。

20060827_013.JPG


B群(5個)です。
20060902_023.JPG
B群です。

20060902_024.JPG
B群です。
20060902_025.JPG





posted by とまと at 23:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どうなるのでしょう?
詳しくはお祖母ちゃんに聞いて下さい。
こちらではゴーヤが盛んにとれています。
食べるのが遅れて熟れすぎ、黄色になりました。
ここで写真を入れたいが、入らない。
それとトラックバックとはなんですか?
Posted by kazu at 2006年09月01日 20:30
他人のブログには勝手に写真は貼れないと思うのですが。。。。
Posted by at 2006年09月18日 16:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22946844

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。